トップロゴ  

雪氷研究週間in旭川 参加報告

■雪氷研究週間in旭川に技術発表および機器展示で参加しました。

 平成17年9月26日〜10月1日にかけて、「雪氷研究週間in旭川」と題して題22回日本雪工学会旭川大会と2005年度日本雪氷学会全国大会が合同開催されました。弊社からも、雪氷学会での小川の技術発表と、技術展示ブース出展の形で、冬期路面管理に関する技術提案および新しい雪氷・気象調査機器の紹介をさせて頂きました。
 開催期間中、弊社発表およびブース訪問頂きました多数の方々、お忙しいところありがとうございました。展示内容に関しても、資料請求、質問、提案等、今後の参考にさせて頂きます。

<技術発表>
 弊社の小川が雪氷学会で「塩分濃度による冬期道路管理の必要性」と「2極式塩分濃度センサーの開発」について発表しました。
 前者では凍結防止剤散布作業を管理する上での塩分濃度把握の必要性と現状の問題点を解決するための提案を、後者ではそれを実現するための弊社新型センサーの開発状況について報告しました。

「塩分濃度による冬期路面管理の必要性」の口頭発表

「塩分濃度による冬期路面管理の必要性」の口頭発表

「2極式塩分濃度センサーの開発」のポスター発表

「2極式塩分濃度センサーの開発」のポスター発表

<技術展示ブース>
 技術展示ブースでは、上記発表内容を取り入れた新しい冬期路面管理システムの提案と開発した2極塩分濃度センサーの実機展示、および弊社取り扱いの雪氷調査向けの最新型の珍しい気象観測機器の展示と紹介を致しました。
 特に下記のR2Sドップラーレーダー雨量計は、その特徴が吹雪や降雪の観測に有効であると多くの研究者の方に反響を頂きました。※展示内容を一部pdf形式で下記に載せましたのでダウンロードしてご覧下さい。

技術展示ブース

ASAP技術展示ブース

    

2極式塩分濃度センサーの実機展示

2極式塩分濃度センサーの実機展示

    

雪氷調査機器展示

雪氷調査機器展示(ドップラーレーダー雨量計他)

    

◎展示内容一覧
・ 新しい冬期路面監視システムの提案   資料ダウンロード※pdf形式
・ 冬期路面監視システムを支える技術紹介  資料ダウンロード※pdf形式
・ 2極塩分濃度センサーの実機展示
・ 車載式路面塩分センサー ・ ドップラーレーダー雨量計の展示
・ 超小型超音波風向風速センサーの展示
・ OPUS200データロガーの展示
・ その他


トップページへ



ASAPロゴASAPはチーム・マイナス6%に参加しています

※当ホームページの無断複写、複製、転載を禁じます。
Copyright © 2004 有限会社アサップ , All rights reserved.